« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

本が乾いた

本が、乾いた。


1374469732514.jpg

乾くものだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

関羽様

DVDを見終わっても依然冷めない三国志熱。

書店で発見。


1374249832636.jpg

お宝だわ。

いろいろな武将、軍師がいるけどよくもまあすぐに人の首をはねるものだ。
謀反を企てた者、敵に陣地を取られた者、そういった者がはねられるのは何とか分かるが、主君の飲み過ぎを心配して止めた者、全く何もしていない者なども容赦無く首をはねられていく。

初めは「ああ!く、首を…?」と思っていたが、しまいに武将が言うより前に、私から「首よ!」と思うようになり慣れなのか武将気分なのか、恐ろしい。

まさか何百年も後に知らない女がわらび餅を食べながら自分に「首よ!」何て言っているとは思いもしなかったでしょう。

数週間前に、中華街へ行った。
目的は一つ。

1374249840217.jpg

関羽様のいらっしゃる関帝廟。

今まで中華街へは何度か行ったが三国志に全く興味がなかったので関帝廟は素通りしていた。

赤いお顔で真ん中に鎮座する関羽様。
予想以上に興奮した。

誰でも入れるからか、チラっと見てつまらなそうに帰って行く人が多く、首根っこを捕まえて「関羽なめんなよ!」と言ってやりたい気持ちになった。
そういえば、ハワイがよく私に「俺をなめんなよ!」と言っていたな。


三国志仲間の友人に関羽様の写真を送ったら、「横の空気清浄機がシュールだね」と返ってきた。
確かに違和感を感じたのはこれか。
関羽様もきっと、これは置かないで欲しいと思われたことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

眠くて眠くてどうしようもなかったが半身浴をした。
案の定寝てしまい、気付いたら読んでいたはずの本がお風呂に沈んでいた。

面白くなってきた所だったのに。

本を引き上げたのは覚えているが、やはり眠くて眠くて意識が朦朧としてあまりその後の記憶がない。そのまま寝てしまった様だが、朝濡れた本が面白い形で置いてあった。


1374161350146.jpg

朦朧とする意識の中自分でやったのか、噂の小人がやったのか。


乾くかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に美味しい

夕方、帰りに暑くて明るいのが嬉しい。
疲れ果てていても、荻窪から西荻までビールを飲みながらTUBEを聴いて歩くと、楽しくて気が狂れそうになる。
気味が悪いだろう恐らくギラギラした顔で歩きながら何を食べようか考える。


先週は夏に美味しいものを沢山食べた。


夏の美味しいもの代表、鰻様。


1374159766595.jpg

今年なかなか行けず久々に。

明るいうちに瓶ビールでまず一通りで串焼きを。
こんなに美味しい鰻は、何て素晴らしい生き物なのだろう。
子どもの名前は鰻子にしようか、そういえば去年も同じことを思ったわ。
鰻美の方が色気あるな。

肝刺しを冷酒でと思っていたが残念ながら売り切れらしい。
まだ18:00前なのに。
このハードルの高さにまたやられる。

冷酒を飲みたかったので鰻の後味残る口でそのまま蕎麦屋に行った。
そばがき、これも好きだわあ。
「開運」というおめでたい冷酒と頂き、美味しさにうな垂れた。


別日には大学時代の先輩、姜さんが素敵なお店でご馳走してくれた。
この時期に食べたいもの、ここ数年ずっと一位に君臨する、鱧様。
梅肉でさっぱりと、これも冷酒で頂く。
身が柔らかく引き締まり、美味しくて顎がどこかに行くかと思った。

鱧様、ちゃんとしたお店ではさすがに良いお値段で、数日前に西荻のドヤ街で食べた300円のとは明らかに違った。
ドヤ街、頑張って欲しい。

少し前に行った航さんと行った西荻のスペイン料理もなかなか良かった。

300円500円のタパスが沢山あり野菜がいろいろ食べれる。


1374159770358.jpg


でもこれは夏でなくともいつでも美味しいものね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

猛暑

暑くて嬉しい。
いよいよ暑くて楽しくなる。

暑さの中、実家のにゃんこちゃんたちはぐたりとしている。

猛暑
猛暑
猛暑


にゃにを話してるのかにゃ?


猛暑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオレオニ

行きたかったレオレオニ展。
予想以上の混雑振りに出直そうか考えたがそのまま観る。
フレデリック以外のねずみの話が沢山あり面白かった。
レオレオニ


二番弟の子どもちゃんの名前が「レオ」で私がレオレオニと呼んでいる。家族皆その様に呼ぶ様になったが、レオレオニ展の話をするとレオレオニを知らなかったことが判明した。


人見知りのレオレオニ、先日弟の代わりに保育園に迎えに行ったら化け物を見たように号泣された。
顔の筋肉が引きつるくらいの笑顔と猫なで声で無理矢理家に連れて帰る。
ピザとオレンジジュースで機嫌を取ると、しばらくして少し心を開いてくれた。
レオレオニ

顔が痛く気を抜いてうっかり真顔でいると警戒心丸出しの目でジッと見られ、また全力の笑顔にした。
弟宅からの帰り道、顔が少し上がった気がする。
アンチエイジングだわ。

レオレオニ、もう少し大きくなったらカオカオニと呼んでもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »