« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月21日 (火)

79話


> 三国志、ようやく借りれた。
>
> 79話まで観たが、凄いわ。
>
> 沢山の人が出てきて誰だか分からなくなるのでネットで調べながら観る。
> それにしてもサブキャラで馬がつく人や張がつく人が多く混乱する。
>
> お互いが常にお互いの考えていることの裏の裏を考え合いながら生きており、どれだけ強固な精神を持った人たちが集まっていたのだろうと思う。
> 私なんか三国時代にいたらどうやってやっていくのか。
>
> 79話、劉備と孫権の戦いを観ていたが、私が武将ならば伏兵がいることなんて全く疑わず突進し気持ちが良いくらい斬られて惨敗する自信がある。
> 全く疑わないのだから悔しくもないだろう。
>
> あと、ハワイが自分の武将だったら嫌だなと思う。
> 突進中に高い声で「あ、ごめん、やっぱやめとくわ!」とか言われ士気も下がる。

ナギが武将も嫌だな。
大事な時でも笑いを選ぶ可能性がある。

ナギ将軍↓

  79話

> それにしても役者の演技が素晴らしく、魅力的過ぎて閉口する。
> 中でも病気になった魯粛、頬がこけ痩せ細り目の窪み具合が演技にはまるで見えず本気で心配になった。
> いや、あれは何でもCGではないかしら。
>
>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

トルコキキョウ


先日倒れた。

大腸検査の洗浄液がなかなか出ず残っていたからなのか、断食状態が続いたからなのか良く分からない。
胃がひどく痛くて変な形で何とか歩いて帰ったが、しんどさが限界になり眩暈と激しい吐気、耳鳴りに襲われトイレまで何とか行き、行き着いた所で気を失った。
しばらくして意識が戻ったが手足が痺れ眩暈で立つことが出来ず這ってベッドまで行き横になった。
命の危機を感じるくらいしんどく、あまりの苦しさでもう召してくれとさえ思ってしまったが、その後苦しさの中で三国志のDVDを見なくてはいけないと思ったり、三国志は借りられていて借りれなかったのだと思い出したり、曹操が死んでしまい息子の曹丕が即位して400年続いた漢が滅びたことなど思い返しながら数時間じっとしていたら大分良くなった。


大腸記念だと言ってクッションの可愛さにうっとりしていたことが懐かしい。
そりゃそうよ、お尻から管なんて入れるものじゃない。
お尻だって管なんて入れられるとは思っていなかっただろうし、管だってお尻に入るとは思っていなかっただろう。
そんなお尻や管の思いも考えず検査が終わったとクッションに浮かれていた代償なのかもしれない。


倒れた翌日、花が枯れていた。

お尻と管の思いは花も枯らすのだ。
家の通り斜め向かいの花屋で新しく花を買った。
可愛い花が沢山置いてあり値も良心的でお店の方が優しく気に入っている。
トルコキキョウはハサミではなく手で折ると長持ちすると教えてくれた。

トルコキキョウ


トルコキキョウ、茶色と薄ピンクと白、珍しい。
まだ胃の痛みは残るが少しずつ回復している。


花の可愛いらしさが胃に染みていく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

大腸記念

大腸の内視鏡検査を受けてきた。
お尻から管。

予約をしてからの一ヶ月、夢に見たりネットで体験者のブログで苦痛具合を調べたりして怯えて過ごしてきたが、ほとんど痛みはなかった。
大腸検査の名医を調べ、世界でも屈指だという先生にお願いした。
なんでもレーガン大統領がお忍びで来たこともあるとのこと。
前日からの食事制限や2リットルの下剤攻撃が少ししんどかったが1番恐ろしかったお尻から管が痛みなく終わり本当に良かった。

結果は腸が長い。
他に心配していたことは全く問題なくしっかりした腸だった。
検査中、ボヤ〜としながらモニターに写し出される腸を見ていたが確かに綺麗な色で、不覚にもホルモン好きとしては少し美味しそうとまで思ってしまった。

1時間弱寝かして頂き帰ったが、鎮痛剤でフラフラしながら明治通りを歩き立ち寄ったお店で高いクッションを買ってしまった。
家にある小学生の時から使っているクッション、ボロ雑巾並みに汚くて人がくる度捨てなよと言われていた。

大腸記念


良いのがあったら買おうと思っていたが、鎮痛剤のはっきりしない頭で6300円もするクッションを買うことになるとは。
しかも28000円のラグマットも一緒に買おうか一丁前に迷っていた。


でも水色のパイナップル柄のクッション、可愛いわあ。
大腸記念にね。

大腸記念

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

ヴァセリン

ヴァセリン
遂に長年リップとして使っていたヴァセリンがなくなりました。

使い続けてかれこれ5年経つ。
300円でこんなにもつとは思わなかった。
終わりの2年くらいは取り出す度周りの人に汚ないだの年季入り過ぎだの突っ込まれ愛されていたわね。

ヴァセリンよ、私は明日パッケージもリニューアルされた新しいヴァセリンを買うけれど、私と共にこの5年居てくれたことに感謝するわ。

ヴァりがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »